業界への貢献ベストデンタルハイジニスト(旧ベストハイジニスト)
アワード日本歯周病学会歯科衛生士部門 企業奨励賞

第32回受賞

2022/06

受賞者 宇井 みゆきさん

受賞者の徳丸操さん(左)、弊社名古屋営業所所長・光田(右)

受賞者の宇井みゆきさん(左)、弊社マーケティング部 副部長・柏原(右)

第65回春季学術大会を2022年6月3日(金)~4日(土)の2日間、東京新宿区にございます、京王プラザホテルにて開催致しました。弊社スポンサーシップにより制定されております歯科衛生士向け奨励賞今回から名称変更し「日本歯周病学会ベストデンタルハイジニスト賞」の32回受賞者に三重県三重郡の菰野きむら歯科にご勤務の宇井みゆきさんが選出されました。この度受賞された宇井みゆきさんは、日本歯周病学会第64回秋季日本歯周病学会学術大会の歯科衛生士症例ポスターにて「ラポール確立の重要性を再認識した広汎型慢性歯周炎stage Ⅳ Grade Cの一症例」と題し発表されました。
ここに栄えある第32回ベストデンタルハイジニスト賞を受賞されました宇井みゆきさんお喜びの声をご紹介させて頂きます。

「この度はこの様な栄誉ある賞を頂き大変光栄でございます。
日本歯周病学会ならびにタカラベルモント株式会社の関係者皆様に、心よりお礼を申し上げます。
本症例は、歯科治療への恐怖心と不信感、また諦めを感じて来院した重度歯周炎患者に対し、いかに患者の気持ちを尊重しながら病状を安定させられるかが課題でした。
歯科衛生士として患者に寄り添い、信頼関係を築いていくことで、患者の治療に対する考えが前向きに変化し、患者自身が進んで治療に関わるようになった結果、病状安定に至ったと考えています。
歯科衛生士として歯周治療に対する知識や技術の他に、患者との関わり方が治療を左右するという事を再認識した、とても貴重な経験でした。
その経験に基づいたこの症例がこの様な賞を受賞し、とても嬉しく思っています。
最後に、いつも患者としっかり関わることのできる環境を整え、常に丁寧にご指導頂いている菰野きむら歯科院長 木村雅之先生はじめ、同僚の歯科衛生士達とスタッフの皆、また私の仕事を理解し常に全力で応援してくれている家族に心から感謝いたします。
今後もこの受賞を励みに、より一層研鑽を積み、歯科衛生士として患者に寄り添っていきたいと思います。また、後輩の育成にも力を入れていきたいと思っております。
この度は本当にありがとうございました。」

宇井みゆきさん、第32回ベストデンタルハイジニスト賞受賞おめでとうございます!
宇井みゆきさんの今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

タカラベルモント株式会社は歯科衛生士の皆さんを応援します。
皆さんも是非「日本歯周病学会ベストデンタルハイジニスト賞」にチャレンジして下さい。

「タカラベルモント ベストデンタルハイジニスト アワード」

弊社は、「日本歯周病学会ベストデンタルハイジニスト賞」の協賛企業として、
「タカラベルモント ベストデンタルハイジニストアワード」を制定させて頂きました。

この「日本歯周病学会ベストデンタルハイジニスト賞」は、歯科医師のみならず歯周病分野には不可欠な存在である歯科衛生士に、もっともっと学会に参加して欲しい、そして活躍して欲しいとの同学会側の意向を受け、弊社が賛同した形で実現した賞です。